ネタで毎日楽しくポジティブ生活

独特のネタを紹介しております。ちょっと笑って行きませんか?楽しんで頂けたら幸いです(*^_^*)

【快談】ニチローの本当にあったと言い張る怖い話ー完結編

今週のお題「ちょっとコワい話」の続き。

gootatan.hatenablog.com

※『完結編』だけでも楽しめると思いますが、

一応『前置き編』も読んだ方がより楽しめるかもしれません。

 

 

そして話は、夏休みのある夜ー

 

薄暗い公園で遊んでいた時、

「誰が一番怖い話するか、競おうぜ!」と

怪談大会することになった。

 

 

各々が怖い話をしていくー

そしてニチロー少年の番が回ってきた。

 

そして語り出した衝撃の恐怖体験とは・・・!?

 

 

「実は俺・・・貞子を捕まえた事がある!」

 

f:id:gootatan:20170806165655j:plain

  

 

 当然、誰もが疑った。

が、お構いなしに話を進めるニチロー少年。

 

 

「先週、深夜の映画番組で『リング』をやってたんだー

 

青汁のCMが終わりかけた頃、急にテレビが消えてさ・・・

そしたら、画面の奥から貞子がのそのそ這ってきたんだ・・・!

 

 

俺は思ったよ「ふざけんな!リングの続き観れねーじゃん!」って。

それで俺はこいつを捕まえてやろう!って決心したんだ。

 

 

だが、それはイージーではなかった。

 

 

あいつ。めちゃくちゃ力が強よかったんだ。

全盛期のヴァンダレイ・シウバ並み。ヒザとか入れてくるし。

一人じゃ絶対無理だって思った!

 

 

だから俺は叫んだ「ミチロー!ヨチロー!助けてくれー!」って。

 

 

すかさず友達からツッコミが入る!「ミチローとヨチローって誰だよ!?」

ニチローは「兄弟だよ!最近見つけたんだよ!」と答えた。

 

 

3人で囲んだが、所詮小学生!

全盛期のヴァンダレイ・シウバには勝てない!

それで俺はさらに親戚中に電話して仲間を集めたんだ!

 

 

すぐにゴチローから九十九チローまで駆けつけてくれた!

 

 

当然、友達からツッコミが入る!「お前親戚何人いんだよ!」

それに対し、ニチローは答える

「知らねーよ!」

 

 

それでも貞子の奴、バタバタ暴れたんだ

それで51チローがバットで貞子の頭を打ったんだよ!

 

 

そしたら貞子の目がポーーーン!と飛んで行ってよ

一二塁間を抜けて行ったんだよ!

 

 

 

 友達から当然のツッコミが入る!

「なんで野球の話になってんだよ!」

 

 

 

ニチロー:

「バカ!お前ら知らねーのかよ!

貞子は野球選手なんだぞ!」

 

f:id:gootatan:20170806171117j:plain

 

 

ちなみに、

51チローはこのヒットで日米通算4000本安打を達成したんだ!

みんな大喜びだったぜ!

 

 

 

f:id:gootatan:20170806171155j:plain

だが守備も負けていない!81チローがついに目に追いついた!

それを見て貞子も三塁ベースを蹴って歩き出したんだ!

 

 

貞子はホームベースを踏んで、そのままテレビの中に逃げ込む気だ!

 

 

そうはさせない!

81チローの強肩がうなった!ダイレクトでホームへ投げる!

解説チローも「オーマイガ!レーザービーム!」と叫んだぜ!

 

 

だがあまりの威力に目をキャッチする方も犠牲が出たんだ!

コース上の21チローから47チローまでが巻き添え食って消滅!

 

 

だがそのおかげで球威が落ち、

ホームベースのホームチローが目をキャッチできた!

さぁ!あとは貞子をタッチするだけだ!

 

 

ホームベースにゆっくり歩いて来る貞子に対し、みんなで叫んだ!

「来ーる!きっと来ーる!!」

 

 

そして、渾身のタッチを貞子に決める!

 

 

審判チロー!「アウツ!!ゲームセッツ!」

 

 

観客席にいた100チローから5万5000チローの

大歓声が巻き起こった!「わああああああ!!!」

 

 

俺達は遂に貞子を捕まえたんだ!

 

 

友達は聞いた

「それで、貞子はどうしたんだよ?」

 

 

 

ニチロー 

「もちろん捕まえた貞子は

キャッチ・アンド・リリースしたよ」

 

 あとがき。

英語ではホラ話を『fish story』というそうです。捕まえた魚の大きさの話をすると、そのサイズがドンドン大きくなるというのが由来だそうです。

 

 ちなみにロシアには「釣りの話をするときは両手を縛っておけ」という諺があるとか。

 

今日のEDはもちろんアレ!「来ーるー!きっと来ーる!」

www.youtube.com