ネタで毎日楽しくポジティブ生活

独特のネタを紹介しております。ちょっと笑って行きませんか?楽しんで頂けたら幸いです(*^_^*)

悲劇!ナメクジ兄妹の悲しみの大脱出!

もうすぐ梅雨ですね。今日は悲しい泣ける話に挑戦してみました。

ナメクジ兄妹の別れの話。どうかハンカチを用意してお読みください。

 

築50年のボロアパートが燃えている。

アパートは無人だったが、実は沢山の生き物達が住み着いていた。

 

多くの生き物が逃げ延びた中、残されたナメクジの兄妹がいた。

 

妹「もう無理よ!私達、助からない!」

兄「あきらめるな!まだ方法はあるはずだ!」

妹「だって!私達ナメクジよ!さっき亀にも抜かれたわ!」

 

 

迫りくる火の海を前に、二人は絶望を感じていた。

 

 

カタツムリ「私は逃げないよ」

 

妹「カタツムリさん!」

兄「どういうことだ!焼け死ぬぞ!」

 

妹「あ!あのマークは!住友林業のロゴよ!

きっと耐火性に優れた殻なんだわ!」

 

カタツムリ「そういうことだ」

 

するとカタツムリは壁の方を指差した。

 

カタツムリ「お前達はその穴を抜けなさい。外への近道だ」

 

兄「ありがとう!あんたも死ぬなよ!」

 

カタツムリ「耐えてみせるさ」

 

二人は穴の中をしばらく進んだが、煙が凄くて進めない。

仕方なく兄妹は引き返す事にした。

 

 

その時!先に戻った妹が叫んだ。

 

 

妹「お兄ちゃん!カタツムリさんからいい匂いがする!

 

 

カタツムリは良い具合に焼けていた。

 

 

兄「あのバカヤロー!

エスカルゴになりやがって!」

 

妹「お兄ちゃん、どうする!?」

兄「もうどうにもならん!バジルでもかけとけ!

 

エスカルゴはもっといい匂いを発した。

 

 

その後も二人は迫りくるから逃げ回った。

 

 

妹「お兄ちゃんあれを見て!」

ロケット花火が1本床に転がっていた。

最後に行きついた部屋は昔、子供部屋だったようだ。

 

 

兄「よし!このロケット花火に乗って、脱出するんだ!」

妹「でも、これ一人しか乗れないわ!」

 

 

兄は無理やり妹を乗せた。

 

 

兄「お前の花嫁姿、見たかった」

妹「いやああ!お兄ちゃあああああん!」

 

 

兄は黙って導火線に火を着けた。

 

 

兄「幸せになれよおおおおおおおおおおおお!」

妹「お兄ちゃあああああああああああああん!」

 

 

無常にもロケット花火は発射された。

 

 

 「ピューーーーーーーーーーーーー・・・・

 

 

 

 

 

 

パン!!!」

 

 

あっ・・・!!!Σ(゚ロ゚;)←兄

 

 

現実は厳しかったようです。

 

 (補足1:ロケット花火は最後パン!と爆発します)

(補足2:日本ではカタツムリのフランス料理をエスカルゴと呼びます)

 

あとがき。

ちなみにカタツムリは貝の仲間だそうです。

カタツムリが機動力を求めて進化したのがナメクジ。

つまり「高機動型カタツムリ」がナメクジなんです!

それでも遅いぞ!ナメクジ!

 

 

最後、ロケット花火が飛び立つ辺りで流れる曲です。

映画「アルマゲドン」のテーマ曲「I Don't Want To Miss A Thing 」

ED代わりにどうぞ。

www.youtube.com