ネタで毎日楽しくポジティブ生活

独特のネタを紹介しております。ちょっと笑って行きませんか?楽しんで頂けたら幸いです(*^_^*)

創作絵本「森のマグロさん」ストーリー途中まで。

大人になってから、自分は何に成りたいのかと思った事があります。

その中の一つに「絵本とか昔話とか子供向けの本の作家になってみたいなぁ」というのがありまして、今日は児童書作家(仮)に成りきってみたいと思います!

 

【森のマグロさん】作:ぐーたん

 

とある森の中に一本の川がありました。

その川を物凄い勢いで逆走してくる魚がいます。

 

マグロ「ヒャッホー!」

 

このマグロさんは海水アレルギーで、その上好物のはずのイカが苦手です。

 

マグロさん曰く、

「マグロだからってね、海に縛られたくないし、イカばっかり食べたくないんだよ」

と、普段からお友達の日高昆布くんによく話していました。

 

「大体さ、イカ食うとすごいんだよ。イカスミが。あれで大きい方の排泄するとさ、黒い便がドバーーーッ!って出てくるのよ。俺はイカかっ!ってね(笑)」

 

これには日高昆布くん大ウケ。ダシ汁が少し出ちゃいました。

 

昆布「いやーマグロさん、今日も絶好調だね。ところで他のマグロ達はそろそろ太平洋を回遊するルートに移動しようとしているけど、君もそろそろ行くのかい。

そうなると寂しくなるなぁ~。しばらく会えないもんね。」

 

するとマグロさん。遠い目をして物思いにふけってしまいました。

 

「いや、実はさ。俺、マグロ辞めようと思っててさ。」

 

これには日高昆布くんもびっくり!「ええ!?Σ(゜ロ゜;)<辞めれるもんなの?!」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません。感動のラストまで構想は練ってあるのですが、今日はこれから外出しないといけないのでここまでにします。

え?どこで書いてるのかって?会社で仕事中にきまってるじゃないですか。

このあとGWもあるので、続きがいつ再開するかは未定です。

 

もし、この地球上でこの作品の続きが気になる方が、万が一でもいらっしゃったら。

「気長に待っていてください(*^_^*)ノシ」

 

では~♪