読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタで毎日楽しくショッピング生活

独特のネタで色々な良い物を紹介しております。楽しんで頂けたら幸いです。

懐が温まるコンビニの話

仕事帰り、晩御飯を買って帰ろうとコンビニに寄った小話。

すると、アジア系の外国人の店員さんがいました。

 

「イラッシャイマセ!」「温メマスカ?」

 

おにぎり、サラダ、ヨーグルトだけなので、温めるものは無い。

 

財布を見せ、「サラリーマンは懐が寒いから、こっちを温めて欲しいよ」

と、冗談を言ってあげた。

 

すると、

「ワタシ、チン(温めるの)!得意!チン!チン!チン!チン!」

と大声でアピールする。愛嬌のある人だ。

 

「どこの国からいらっしゃったんですか?」

「インドカラ来マシタ」「日本デ勉強シテ、インドノタメニナル!」

素晴らしい。こういう留学生を日本の若者はもっと見習うべきだ。

 

すると、

「チン!」

 

「ハイ、オニギリ、温メマシタ!」

「あ、いつの間に。ありがとう」

 

温かいおにぎり。冷たいままで食べようと思ってたのに。

 

普段、周りには沢山の日本人がいるのに孤独すら感じる。

異国から来た彼の方が温かく感じられた。

 

 そう思ってると、

「チン!」

 

 

「ハイ!サラダ!温メマシタ!」

「え!?サラダ温めちゃったの!?サラダは冷たいままでいいんだよ」

これは明らかなミスだ。店員も気まずそうにする。

 

内心「ちょっとこれはなぁ~」とは思ったが、

まぁ、しょうがない。

異国に来てまで、一生懸命働いているのだ。

 

目で「いいよ」と合図してあげた。

ホッとする店員。

 

 

「チン!」

 

 

「ハイ!ヨーグルト!温メマシタ!」

 

「おおおおおおい!!バカ!!沸騰してるよ!」

 

「チョットダヨ!20秒ダケ!」

「20秒じゃないよ!1500Wでやっただろ!」

 

「生キテ腸マデ届クッテ・・・」

「届かねーよ!乳酸菌全部死んだわ!」

 

 

さすがに我慢できなかった!

 

 

「もういいよ!おにぎりとサラダだけ!会計お願いね!」

「あれ?財布が無いな。どこだっけ?」

 

ポケットを探ってると・・・

 

 

 

「チン!」

 

 

 

俺のサイフー!!Σ(゚ロ゚;)

 

 

帰りは懐が熱いくらいでした。

 

 

あとがき。

近所のコンビニにたまに外人の店員さんがいます。

どう考えても別の言語使ってるのですが、

イントネーションだけで「ありがとうございました」と言ってます。

 

運転手さんにお任せ!

東京某所。

会社の帰り、深夜だったのでタクシーを使うことに。

 

客「運転手さん、お願いします」

運「へい!どちらまで!」

 

客「すみません、引っ越したばかりで住所がよくわからないんですよ」

運「大丈夫ですよ!私ベテランですから!大体の風景言ってください

 

客「郊外の方で、周りは何にも無くて、自然が多い感じです」

運「あーなるほど。わかります!わかります!

 

客「あー、あと野生動物が多いですね。この前タヌキ見ました」

運「ああ!タヌキですか!あそこの辺りだなぁ~」

 

客「そんなんでわかるんですか?」

運「大体わかりました。あとは寝て頂いてもかまいませんよ」

 

だいぶ怪しかったが、疲れていたので少し寝る事にした。

 

しばらくして。

 

運「お客さん!着きました!起きてください!」

客「あ、着いたんですか・・・えっ!」

 

そこは壮大な草原。

 

優雅に歩くキリン。

群れを為し、走るシマウマ。

 

タヌキを咥えたライオン。

 

って、ここどこだー!Σ(゜ロ゜;)

 

 

 

 

 

「富士サファリパ―ク!」

 

運賃は12万円です。

 

 

あとがき。

この前、深夜にタクシーで帰ってる時に思い付いたネタです。

「寝て、起きたらアマゾンだったらどうしよう。ぷぷぷ!」と。

 

普通に家に着きましたけどね!

 

【私はナスになりたい】※他の方のブログを沢山参考にさせて頂きました。

※似たようなタイトルの映画とは全く関係ありません。

 

皆様は津軽の郷土料理「茄子の紫蘇巻」をご存じだろうか。

ナスとミソとシソだけでできるお手軽料理である。

 

 しかし、そんな茄子に強烈な嫉妬を持つ野菜がいた。

 

大根だ。

 

大根もサラダに煮物にと大活躍する人気野菜である。

 

しかし、他人の芝は青く見えるのか、

「茄子の紫蘇巻」が凄くうらやましい。

それに、

茄子のあの艶やかでセクシーな黒光りするボディが憎い。

 

 そこで大根は、

野菜転換手術を決意する。

 

大根「先生!俺はナスになりたいです!手術お願いします!」

医者「大変デンジャラスでディフィカルトなオペレーションになりマース!」

 

多少めんどくさい問答がしばらく続いたが、

結局、ナスになれるのか、どうなのか。

大根は問い詰めた。

 

 

答えは

 

「YES」

 

大根は嬉しさのあまり叫んだ!

 

 

 

 

高須クリニック!」

 

 

数日後、麻酔から目を覚ますと

大根の体は黒く、ツヤツヤしていた。

 

「やった!ついに俺もナスになったんだ!」

「これで俺もナスの紫蘇巻になれる!」

 

うれしかった。自分もあこがれのあの料理に成れる。

「茄子の紫蘇巻」に!

 

だが起き上がろうとした時、異変に気付いた。

 

どうも体のフォルムが大して変わっていない。

それにベットのシーツには黒い汚れが大量に着いている。

 

床には大量の墨汁のビンが転がっていた。

 

 

って、

墨塗っただけかーい!Σ(゜ロ゜;)

 

洗ったら以前よりも真っ白になりました。

 

 

あとがき。

すみません。最近忙しいので、今日は手抜きです。

長期サボらないよう、とりあえず書いてみました。

 

今日のネタの参考

ナスネタ参考

www.yukicoco.net

我が師き (id:yuki1995jp)様の「茄子の紫蘇巻き」を参考にしました。

 

 

 

実はすだっち (id:selvege)様の長いカロリー消費ネタとどっちをパクろう、

参考にしようか悩んだんですが、

www.cozylife27.com

「長いと書くの大変だなぁ」「今日はさっと書き上げよう」ということで、

ナスにしました(*^_^*)

 

 

 

「イェス!高須クリニーック♪」ネタ参考

www.nekoyapa.com

猫ヤパ (id:nekoyapa)様からモロパク、参考にしました。

私的にはブクマ1個で買い取ったと認識しております。

 

 

 

そして今回、私のブログに最大の変化を起こさせて頂いた方。

mraka2015.hatenablog.com

碧乃あか男 (id:mraka2015)

(あか男さんは人気あるからブログで稼げるんじゃないかという文脈の中で)

「ブログを見に来てくれる人はお客さんじゃなくて、読者さんだという気持ちはかわらないZE!☆キラーン」

 

この言葉に心を打たれました。

 

今まで何故あんなにアフィリエイト広告を全面出していたのか

自分が恥かしくなりました。

 

 

次回からは、

読者様のためにネタを書きます!

 

 

それでは、次回予告!

するんっ!と快チョー!ライラック乳酸菌初回980円!お楽しみに!

便秘気味の方!要チェックですよ!(>3・)b

 

(※広告を止めるとは一言も言っておりません)

第123代横綱 脂肪ヶ富士が【ベジファス】で決死のダイエット大作戦

時は平成3X年。

日本大相撲の歴史上、古今無双の怪物が生まれた。

 

体重800㎏の超巨漢、

100場所連続優勝中横綱 脂肪ヶ富士である。

その土俵上での闘いぶりは圧巻の一言である。

 

なんと脂肪ヶ富士が土俵にインすると、

脂肪が邪魔で対戦相手が土俵に入れないのだ!

 

対戦相手はなんとか土俵際に爪先立ちでギリギリ立った状態から

非常に不利な勝負を余儀なくされる。

「はっきょーい!」の声が掛ると同時に、

どの力士も「ちょwwむりwww」と言って

土俵際から落ちてしまうのだ。

 

「ただ土俵に入るだけで勝つ」

まさに無敵である。

 

脂肪ヶ富士が土俵に立つだけで、どこが土俵か全くわからない。

その悠然とした勇姿は【脂肪の霊峰富士】とも言われ、

ボケたじいさん、ばあさん達が登山を始める程である。

 

しかし、その天下無双の脂肪ヶ富士に

トンデモナイある疑惑が生じた!

 

その疑惑とは、

「実は脂肪ヶ富士は土俵の上で体育座りしている」

というものだ。

 

これは大事件である。

 

もしこれが事実なら、脂肪ヶ富士は土俵インと同時に負けているという可能性がある。

つまり、これまでの勝ち星がすべて負けである可能性があるのだ!

 

そこで当の本人も事情を聴かれる事になった。

 

しかし、その答えは、

「自分でもよく分からない。立っているような感じもするが、座っていると言われればそうかもしれない。自分でもどこが足か分からない。」というものだった。

 

直ちに検証が行われようとしたが、そこに大相撲協会が待ったを掛けた。

「半年待ってくれ!我々にも猶予をくれ!」となりふりかまわない。

もし疑惑が事実なら、これは相撲協会大失態であるからだ。

 

脂肪ヶ富士も急遽、大相撲協会に呼び出される。

だが体が大きすぎて理事長室に入りきらない。

 

相撲協会の理事長、だいたいみつる氏は単刀直入に言う。

「脂肪ヶ富士!痩せてくれ!足が見えるまででイイ!

「立っている所さえ確認できれば、あとはごまかせる!」

しかし、顔だと思って必死に語りかけてた所は足だった。

 

脂肪ヶ富士「やってみます!ごっつあんです!」

声は部屋の外から聞こえてきた。

 

そしてここに、体重800㎏から300㎏までという

人類史上初となるだろう500㎏のダイエット大作戦が始まる。

 

相撲協会には秘策があった。

【ベジファス】である。

なんとこのベジファスは食物繊維がたっぷり。

食事の前に摂る事で、脂肪や糖の吸収を抑えるのだ。

つまり、いつもの食事の前にベジファスを食べるだけで

痩せる可能性がすごくあるのだ!

(私は「痩せる」とは一言も言っていませんのでご注意下さい)

 

 

脂肪ヶ富士に一袋与えてみた。

スティック状のお菓子みたいで口に入れやすかった。

脂肪ヶ富士も、

「沖縄産シークワーサー味でおいしいでごわす!」と絶賛。

口から入れたはずなのに、下の階から声が聞こえてきた。

 

だいたいみつる氏も

「この穴は本当に口だったのか」とその後30分考えた。

 

 

そうして5か月後。

体重は順調に落ちて行ったが、それでも体重は600㎏。

あと300㎏がどうしても落ちない。

 

いつもの食事に【ベジファス】だけでは落としきれなかった。

ちなみにいつもの食事とは、バスタブ一杯のごはんと

コンテナ一杯のちゃんこである。

 

ついに大相撲協会理事長、だいたいみつる氏は最後の手段を取る。

脂肪吸引」である。

最初からそうすべきだった。

 

 

数日後、

美容外科医「脂肪吸引は無事に終わりました」

 

「先生、ありがとうございました!これで足が見えます!」

そう言うとみつる理事長は脂肪ヶ富士に駆け寄った。

麻酔で眠る脂肪ヶ富士と、その隣には山の様な脂肪があった。

 

「あぉ!よかった!足のようなものが見える!」

「これで大相撲協会も安泰だ!」

 

「しかし、こっちの脂肪の塊はすごい量だな」

「この半年、コレのせいで俺がどれだけ苦しんだか!」

 

もし疑惑を晴らせなかったら、

マスコミや世間の批判は強烈だったであろう。

理事職も辞任に追い込まれていたかもしれない。

 

それでつい、怒りを込め「この脂肪の塊め!」と蹴った。

 

脂肪ヶ富士「痛いっ!」

 

って、

こっちが本体かーいっ!Σ(゜ロ゜;)

 

こっちだったんでごわす!(;3;)

 

結局、足は見えなかったので、

ボディペインティングで足を描いてごまかしたそうです。

 

 

 

今日のおさらい。

 

この商品は食事前に食べるだけで、脂肪と糖の吸収が抑えられというもの。

ただ、本当に痩せるかどうかは全くわかりません。

紹介記事書いといて言うのもなんですが、こういうのって効果あるのかしら?

お試しするなら、今だけ初回半額で1か月分が2980円の送料無料!

詳しい情報は広告をクリックすると見られるので、気になる方はどうぞ。       

(広告をクリックするとプロのもっと詳しい広告記事が載ってます。

押したからといって「はいご成約」とはなりませんのでご安心下さい。)

 

                                       

あとがき。

私も10数年ダイエットを続けていますが、増加の一途です。

ちょっとこれ試してみようかな!?Σ(゜ロ゜;)

 

 

ドキュメンタリー「カステラと苦悩の日々」

私は前回の記事を書き終えたあと、すぐに次のネタに取りかかりました。

私はいつも、登録するASP【A8net】様から気になる商品を選び、

それを「お題」としてネタを作っています。

 

そして、今回のお題が「カステラ」でした。

3本で1セット初回送料0円の税込2,138円

 

Q:記事の更新が滞ってましたが、何されてたんですか?

A:ネタを考えていました。ほぼ毎日です。

 

そういうとぐーたんは大量のA4紙の束を出した。

 

「どれもこれも、いざ記事にしようと思うとインパクトが無くて」

以下はボツになったネタの概要とその理由である。

 

5月12日金曜日考えたネタ

 

【ネタHK】歴史秘話ヒストリア「天下分け目のカステラ大合戦」

 

日本史から抹消された、「カステラ大合戦」をご存じでしょうか。

戦国時代、種子島に伝来した鉄砲とカステラ。

しかし、実は当時の武将達はカステラも武器の類だと思い込み

戦上に大量のカステラを導入しました。

 

「カステラ騎馬軍団」「カステラ鉄砲隊」等を編成し、

カステラを大砲に詰めて発射するカステラだらけの大合戦があった。

 

戦に負けた武将は最後、カステラで切腹を試みる。

一見不可能に思える行為だが、ザラメがヘソの穴に食込み、絶命。

さらに!そのとき折れたカステラが敵総大将の口に飛び込み、

喉を詰まらせて絶命カステラは恐ろしい兵器として確かな評価を得る。

 

現在皆様が食べてるカステラは形だけを似せたお菓子であるが、

昔は日本刀と同じくらい、とてもポピュラーな武器でした。

 

オチは、

天下を目指した二人の英雄。しかし、志半ばで散ってしまいました。

カステラだけに、天下は甘い夢でした。

 

うん、うまい!カステラだけに。

 

ちょっと弱いかなーと思いました。その頃Yama-Mikasaさんの記事を読み、考え直すことにしました。それで次のネタを考えました」

デブで汗っかきがモテる時代が来た! 『今すぐ書け、の文章法』堀井憲一郎 - 読書生活 think it over

Yama-Mikasaさんの記事要約:記事は過激さが無いとダメ。

そうでないと誰も目を留めない。というもの。

 

 

そして、

5月13日土曜日に考えたネタ

【18禁か!?】過激すぎる!あなたを魅了する大人の官能カステラ【お中元用】

 

街のはずれにある怪しい老舗和菓子屋で主人公がカステラと出会う。

 

このネタの最大の山場はカステラと主人公が絶頂を迎える風のシーンにある。

 

カステラ「だめえええええ!いっちゃああああああうう!!」

主人公「もう止められない!!いくよ!いくよおおおお!!」

カステラ「きてえええええ!もっときてえええええええ!!」

主人公「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

カステラ「もっとおおおおおお!もっとおおおおおおおおお!!」

主人公「いくぞおおおおお!!吉幾三おおおおおおおおお!!」

カステラ「おらとおおきょうさあ!いくだあああああああああ!!」

主人公「かもおおおおおおん!かもおおおおおおおおおおおん!!」

カステラ「おおいえっす!おおーーいえーーっす!おーまいがーー!」

主人公「えいどりああああああああああああああああああああん!!」

 

何をしてるのかというと、

カステラに着いてる紙を二人で大声を出しながら剥がしているだけ。

 

他にも「ツン!と立ったザラメを舌で優しく愛撫した」といった

卑猥な表現のオンパレード。とにかく過激に攻めます。

村上春樹さんを超えようと必死に生々しく書きました。

 

しかし、理性が押し留めます。

「正直、最悪、アカウント消去されてもおかしくないと思いました」

カステラでアカウント消去は避けたい。よってボツ。

 

 

5月14日日曜日は完全にオフ。

「社会人たるもの日頃の疲れはキチンと抜かなければいけません。」

 

 

5月15日月曜日に考えたネタ

【カステラ職人と弟子】手土産用ver.

 

この道50年の大ベテランのカステラ職人と新人によるコント風のネタ。

 

職人があれこれ指示を出すのですが、新人がボケ続けるネタでした。

 

職人「おう!新入り!タマゴ持ってきてくれ!タマゴでカステラは決まるからな!」

「って、おい!これタラコ

「こんなん入れちゃったらカステラ赤くなっちゃうよ!」

「何?カステラでご飯が食える?うん、斬新!Σ(゜ロ゜;)

 

タマゴだよ?タマゴ持ってきてね!」

 

「って、おい!これタンバリン!

「タ」しか合ってねーよ!(゜ロ゜;)」

 

オチは、

そうこうしている内に開店の時間が迫ります。

仕方なくその日は、弟子が仕入れてきた材料で間に合わせます。

タンバリンの上にタラコを並べた「カステラ」が完成。

 

結局、カステラの面影が全くありませんでした。という話。

 

「コントや漫才風のネタって、同じボケ何回も何回も読み直すんですよ。

するとね、何が面白いのか全くわからなくなるんですよ。」

 

結局、何が面白いのか全くわからなくなったのでボツ。

 

 

5月16日火曜日に考えたネタ

【カステラ大売り!願いましては2138円なり!】

電化製品を店先で売りさばく凄腕販売員がカステラも売りさばく!

 

店員「みなさん!カステラの大売り出し!

今ならなんと!カステラ1本に2本がついて3本です!」

 

「カステラもいよいよ一家に一本の時代になりました!」

液晶大型テレビは高い!でもカステラなら買える!

 

最後は怒涛の売り文句!

 

「今ならなんと!このカステラに

冷蔵庫、洗濯機、掃除機が付いてきます!」

 

「カステラのお値段2,138円に+15万円で全部付いてきます!

 

「え?家にそんなに置くスペースが無い?スペースが無い?」

「安心してくださあああいい!」「すべて解決する商品があります!」

 

「これを見てください!

この大型液晶テレビの中にカステラがこんなにくっきり映ってます!

冷蔵庫も洗濯機も掃除機も全部映り込んでいます!

 

「もうこれだけ買えば間違いありません!」

 

「この大型液晶テレビ、今だけ!今だけ!25万!」

 

「大型液晶テレビ25万ですうううう!!」

 

って、

カステラどこいったー!Σ(゜ロ゜;)

結局は液晶大型テレビを売りたかっただけじゃないのか。

 

カステラが無くなってしまったので、ボツ。

 

 

5月17日水曜日に考えたネタ

【色々】

他にも南蛮人によるカステラのプレゼン」というのも考えました。

関西弁ペラッペラの南蛮人が大名にカステラを売り込む営業話。

大名がカステラを座布団に使おうとし、

南蛮人が「なんでやねん!Σ(゜ロ゜;)」とツッコむネタなど。

 

「FIFAカステラワールドカップ」では

蹴られる度にカステラがバラバラに飛び散ってしまうので、

今、食品を粗末にする描写はNGかなと思ったり。

 

 

結果、考え過ぎてブログを書けない苦しい日々が続きました。

 

 

そんな中、

ブログ道の師匠 ゆき様から暖かいメッセージがありました。

ブログの更新頻度や継続のコツについて1年以上経った今、気付いたあれこれ - ゆきのココだけの話

アドバイスを要約すると、

「ブログ初心者の内はとにかく毎日書いてみて!(>3・)b」

 

師匠!ありがとうございます!

 

私、書きます!(*゚ロ゚)ノ

 

ネタを上手くまとめられない、ただのブログ初心者の私。

精一杯背伸びして、なんとか皆様に笑って頂こうと

何度も読み直し、何度も書き直し・・・そして疲れ果ててしまった私。

 

「しょうがないよね。まだ初心者なんだから」そう心のどこかに

甘えた感情があった。

 

でも、もうそういう甘えた考えは止めよう。

 

私、書きます!

書いて書いて書きまくります!

 

 今日のブログだって、

あなたの言葉に勇気をもらって、書き上げました!

 

私は宣言します!!

気力ある限り!毎日ブログを書くと!!

 

 

 

でも・・・。

 

 

「明日サボってたらごめんなさい!」

 

 

今日のおさらい。

全国菓子博覧会で栄誉大賞を受賞したカステラ!

セット数が増える程お得!

 

ちなみに、

広告主様からは「お中元用」とのことでしたが、

お中元の時期って地域によって違うのご存じでした?

北海道:7月15日~8月15日

東北・関東:7月初旬~15日

北陸は地域によって北海道タイプと関東タイプに別れる

関西・四国・中国・東海:7月15日~8月15日

九州:8月1日~15日

沖縄は旧暦の7月15日まで(毎年調べること)

 

なんでこんなバラバラなんだ!

しかも、まだ大分先ですよ!Σ(゜ロ゜;)

 

ということで、「カステラ」はお中元のシーズンまで

保留することにしました。

 

 

最後に、

ブログ先輩のBEのぶ様からも温かいアドバイスを頂きました。

幻の砂川遊園・砂川奇勝と、ある方の黒歴史【昭和考古学】 - 昭和考古学とブログエッセイの旅へ

アドバイスの要約:書きたい事を楽しく書く。無理すると億劫になりますよ。

とのこと。

 

確かにこの1週間、苦しかったです。

毎日、仕事中もずっとカステラの事考えていましたから。

こんなにカステラの事を考えたのは人生で初めてでした。

なので、ブログはもっと気楽に続けようと思います(*^_^*)

 

では、

また別の商品探してきますね!次回お楽しみに!

またねーヽ(゚▽゚*)ノ